読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の観察日記

僕が感じたことを書いていき、自分のことを観察、記録するブログ

もう少し明るくなりたい

さっきまで別の内容で書いていたんだけれど、どうも愚痴だらけになってしまって変更。

で、このタイトル。

普段から特別暗い訳ではないと思う。

他人から見たら知らん。

ただもう少し明るくなりたい。

いかんせんこの学校に来るまでが良い環境ではなかったので、根っこは暗い。

高校は普通だったけれど、中学までが酷かった。

ここに来てからは、僕が変わる努力をした結果環境に恵まれてると思う。

 

どう変わったかを書くと長くなるので箇条書きで書いてから少しコメント添える感じで

 

中学時代の影響を箇条書きするとこんな感じ

・中学2年の夏休み明けから卒業までの1年半不登校で親とはそこから不仲になる

・中学時代の影響で一時人間不信になっていた

不登校の影響で基礎的な勉強ができない

 

 親との不仲は今でもで、これに関しては僕が間違っているとは思わない。

親は僕の人生で一番のコンプレックスだと思うので、親について書き出すと間違いなく長くなる。のでここではこれ以上書かない。

 

 人間不信は、病院で診断された訳ではないが、知らない人と話すと体が小刻みに震えてベタつく汗をかいていたし、今思い返すと恐怖心が確かにあった。

高校の4年間でだんだんと治ったようだが、 少しでも恐怖心や緊張があると今でもその時と同じ症状が出るのに最近気づいたので、どうにか治したい。

 

 基礎的な勉強ができないのは今でも変わらない。

特にゲーム学科というプログラムを弄る学科なので、数学ができないのが最高に痛い。

痛すぎて気持ちいいくらいに痛い。

2年から数学の授業があるのだが何やってるのかさっぱりわからん。

一応数学の授業はSPIの授業にもなっているのだが、数式はもちろん考え方も基礎がなくてできないので、SPIも絶望的だ。

テストは赤点覚悟で挑む所存。

一応高校は通ってたし、定時制ということもあり始めは中学の復習的なことをやっていたのだが、勉強の仕方がわかってなかったので結局身についてない。

 

こんな感じで中学時代から勉強できない、コミュ力壊滅的、親とも不仲で誰にも評価されない愛されないという状況だった。

 

ここからこの学校に来てからのことを箇条書き

・同クラスはもちろん他クラス、他学年、他学科と、それまでの自分からすると考えられないくらいの広い交友関係を持てた

・約200名ほどいる学年の中で1年の最後に30位くらいの成績を収め、最近の発表では選抜のトップ8に選ばれた

・何かあった時に相談しようと思える信頼できる人ができた

・大事な恋人ができた

 

何かこの流れ、自己啓発本の宣伝みたいだな。

 それは置いといて、交友関係は本当に広くなった。

就職したいところがあってこの学校に来たのだが、人間関係苦手なままじゃダメだろうということで広める努力をしたのだが、正直あの自分がここまで広くできるとは思わなかった。

部活とか学園祭実行委員会とかイベント毎にはだいたい参加した。

一度しか会ってないような人とかもいっぱいいるが、それでも多くの人と関われたし、その結果が後に書くことにも繋がっている。 

 

 自分でも基礎的な勉強ができてないのにこうなるとは思わなかった。

元々プログラムを特別楽しいと思ってなかったし、資格の勉強も微妙な感じだったが、交友関係広めた結果技術的なことをたくさん話してくれる人と会えて、IT関係の技術とか知識を深めたいと思ったのがこの結果なんだろう。

今はプログラムは、面倒だが頑張れば必ず結果が返ってくるいいものだと思ってる。面倒だけどね。

資格の勉強も楽しいし、ゲーム学科ではメインじゃないが、サーバだとかネット周りも触ってみたいと思ってる。

 

 これも広めた結果。今までは誰一人相談しようなんて思える人いなかったのにな。

 

 同じく。こんな自分が上手くやっていけるのかと不安もあるが、とりあえず今は4カ月続いている。初めて自分のことを受け入れてくれた人だから、精いっぱい大事にする。

 

こんな感じで、今は勉強もそれなりにできて、コミュ力もマシにはなって、周りにもある程度評価されて、自分のことを考えてくれる人もいる。

 

結局長くなってしまった。

それだけ変われたなら十分明るいんじゃないかと思うかもだが、やっぱり親とか中学時代の影響とか未だに重荷になっているものもあるし、まだまだプログラム含めIT関連の知識や技術も付けていきたいし、人間関係だってまだまだ改善の余地はある。

だから、自分は何でこうなんだろうなぁとか、時々暗くなってしまうこともある。

親とか環境とか、過去のことはどうにもできないが、技術や知識、人間としての魅力を備えてそれを吹き飛ばせるくらいの人間になりたい。

そうしたら自分を暗くするものがなくなると思うから。

そうしたら昔の自分みたく暗くなってる人を、照らしてやって助けれると思うから。