読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の観察日記

僕が感じたことを書いていき、自分のことを観察、記録するブログ

自分を変えること

一年ちょっと前の自分を思い出すと今と随分差があるなぁと思う。

以前「もう少し明るくなりたい」の記事でも書いたように、この学校に来てから僕は大きく変わった。

高校までの僕を一言で表すならゲームしかしてなかった。

本当にそれに尽きると思う。

大きい部分でも小さい部分でも本当にたくさんのところで変化が起きている。

小さい変化で思いつくものを箇条書きで書くと、

  • 行きつけの店ができた
  • 友達の家に泊まった
  • 特にあてもなく外を長時間歩いたりするようになった
  • 予定を組むために手帳を買ってしっかりと書いている
  • まだしっかりとはできていないがタスク管理をするようになった
  • 少しでも自分の体を労わるようになった
  • 最近の話だが、寝る前に軽く運動するのをほぼ毎日続けられている

といった感じだ。

こういった小さい変化というのはきっと大事で、それを積み重ねることで経験が多い人間になれるんじゃないだろうか。

 

行きつけの店ができると言うことは、そこの店員とも話ができるようになるし、誰かと食事に行こうかとなった時に連れていくこともできるようになる。

友達の家に泊まるというのも、旅行先のホテルなどとはまた違ったもので、貴重な体験だったと思う。

三つ目は要は散歩で、そう頻繁にするわけじゃないが、たまにやると「あ、ここの場所何か変わってる」とか、「何か面白いことやってる人がいる」とか、普段学校と家の往復をしている生活では見ない何かを見ることができる。

予定を組むというのはやはり大事だと思う。

手帳でもスマホのカレンダーでもいいが、どこかにメモしていないとやはり人間は忘れるものだ。

予定組みをしっかりとすることで予定を忘れて人に迷惑をかけることもなくなるだろうし、自分自身が誰かに怒られることもなくなる。

タスク管理も大事だ。

トレロというタスク管理ツールが良いと聞き、スマホに入れて使っている。

「これからやること」、「今やっていること」、「既に終えたこと」の三段階に分けて管理することができ(自分で段階を増やすことも可能)、使いやすく見やすいUIにもなっている。

これを使うことで自分が今何をすべきかがはっきりとするので、仕事や普段の生活でも役立つ。

自分の体を労わるのも大事だ。

最近は少しでも早く寝るようになり、12時を過ぎて起きていることはほとんどなくなった。起きてはいても少なくとも布団に入って目を瞑ってはいる。

他にも眼鏡を長時間かけていると疲れるため、通学路などの慣れた道では眼鏡を外したりしている。

ちなみに、これを長らく続けていたら少しずつ視力が回復してきている。

朝食時に座っている場所からテレビに映る大きな文字が完全にぼやけていたのが、今では番組表の細かい文字まで読めるようになっている。

それでもだいぶ悪い方だが、未だに回復しつづけているのだから嬉しい。

更にPCやスマホブルーライトカットのソフト入れて、かつできるだけ光の強さを下げるようにしている。

後は寝る前にスマホやPCを止めて、もう少し早く寝ることだろう。

そうすれば睡眠時間が足りないということもなく、毎日を元気に過ごせる気がする。

運動も上に近いものか。

体を伸ばす運動を既に二週間かそこらは続けている。

それをし始めてから何故か汗かきが少し収まった。

不思議に思って一度ネットで調べたのだが、理由は忘れてしまった。

代謝が原因だっただろうか。

 

箇条書きの一覧を見ると少し少なく感じたが、こうしてそれによる影響を書き連ねると結構な数のメリットが見えてくる。

小さい変化でも大事なのがわかる。

普段の自分を変えたいと思っている人がいたら、こうして何か少し生活を変えてみるといいんじゃないだろうか。

いきなり大きくは変えれなくとも小さな変化を積み重ねることで、結果として大きく変わることに繋がるんじゃないかと思う。