僕の観察日記

僕が感じたことを書いていき、自分のことを観察、記録するブログ

蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルトの紹介

先日新しくゲームを一つ買った。

蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト ストライカーパック」だ。

パックという名前の通り、複数作品が一つのソフトになっており、2年前に発売された1と、今夏発売された2が両方入っている。

本来1はダウンロード販売で、2も単品ではダウンロードでしか売ってない。

ダウンロードよりかは実際に手元に残る物の方が好みなので、1が入っていようが構わず購入した。

 

そんな今作だが、ジャンルは「ライトノベル2Dアクションゲーム」だ。

公式がこう表記していて、プレイすると確かにしっくりくる表現なのだが、プレイしないといまいち想像がつかない。

簡単に言えばロックマンを思い浮かべればいい。

そこにライトノベル的な要素を足したような感じだ。

ライトノベル的って何だとなるが、個人的には、濃すぎるくらいのキャラクター達やそのセリフ回しだろうか。

特に2では敵ボス達のキャラが本当に色濃くなっており、ダブル主人公の内1人は真面目な性格故一部のボスとは会話が成り立っていなかった。

もう片方の主人公は決して真面目じゃない訳ではないが、フィーリングで会話をしていた。

 

後はこのゲームの特徴として戦闘中にも会話が行われるところだろうか。

アクションゲームで戦闘中に会話が行われるものはあまり見たことがない。

キャラの顔やセリフなどが戦闘中やステージ攻略中にも画面に表示されて、場を盛り上げてくれる。

少しじゃまになる場合もあるが、もちろん非表示設定はあり、やりこみをするときなどはそうすればいい。

また2から不透明度設定や顔だけ非表示など細かい設定が可能になり、より遊びやすくなった。

 

プレイしたことが無い人が特に気になるのはやはりキャラの濃さだろうか。

個性的なキャラクター達」などという宣伝文句はよく聞く気がするが、このゲームほど濃いキャラクターが揃っているのは他に見たことがない。

1であれば特にプレイヤーの印象に残っているのが「アシモフ」というキャラだろうか。

独特のセリフ回しが「アシモフ」などと呼ばれて多くのプレイヤーに愛されている。

攻略サイトに「アシモフ語録」の項目がある。

 

そして愛と言えば「パンテーラ」というボスキャラがおり、ステージ攻略中にもどこからか頻繁に主人公に声をかけてくる。

ワイヤー装置なるものが出た時には「まさに、愛の糸!」とか、ステージ上必ずかかるボスの罠にかかると「君は落ちた!我が愛の罠に!」とかとにかく愛が愛がと言ってくる。

何だかうざそうだがやってみると癖になる

ちなみにパンテーラのセリフで一番印象に残っていたものがある。

穴がある場所で「落ちないように気をつけたまえ?」と唐突に心配をされ驚いていると、少し間を空けてから「我が、愛の落とし穴に…!」と言われた。

このセリフが凄く好きだ。

 

2からは「テンジアン」という会話の随所に四字熟語を挟んで会話するキャラがいる。

これまたプレイヤーにネタにされ攻略サイトに「テンジアンで学ぶ四字熟語」などと項目が追加されている。

他には「アスロック」というキャラも同じようにセリフ回しがネタにされている。

技名などにフランス語を使っており、そこにお菓子関連の言葉が入っているため同じく攻略サイトに「アスロックで学ぶお菓子とフランス語」の項目が追加されている。

 

こんなふざけたキャラだらけだがストーリーはいたって真面目、どころか重い

どうしてこんなキャラ達なのにこうも重くなるのかというくらいに重い。

昔「ロックマンゼロシリーズ」を作っていた会社と同じところが作っていると言えばストーリーの重さに納得いく人もいるんじゃないだろうか。

 

アクション部分も非常によくできており、やりこみ要素も盛りだくさん。

特に2はプレイアブルキャラが2人になったこともあって1以上に遊びつくせるようになっている。

アクションが苦手な人からかなり得意な人まで遊べるゲームデザインになっているのも推したい理由の一つだ。

個人的には今まで遊んだ2Dアクションゲームの中で一番の出来だと思っている。

会社自体も2Dアクションゲームと言えばここだろうと思うくらいだ。

今こうして書いていてもいいところがあり過ぎて書ききれないくらいなので、ここで一旦切ることにする。

まずは1からで1のダウンロード版だけ。

もしくはストライカーパックを購入して一気に1と2を遊ぶ。

どちらでもいい。

ストーリークリアまでなら元々ダウンロード販売というのもあって短めだ。

時間とお金に余裕があれば遊んで欲しい。