僕の観察日記

僕が感じたことを書いていき、自分のことを観察、記録するブログ

誰でもコメントできるようにしました&他人に意見を言う前にすること

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

//コメント

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

先日、初めてコメントがついた。

コメントくれた方、わざわざ長く拙い文章を読んだうえでのご意見ありがとうございました。

その時に気が付いたんだけれど、今までログインしているはてなユーザーしかコメントできないようになっていた。

だいたい設定は目を通したつもりだったんだけれど、ちゃんと見ていなかったようだ。

どちらかというと色んな人が意見したいと思った時にできる方がいいので誰でもコメントできるようにした。

まだブログやり始めて半年も経ってないからよく分かってないことも多いのだけど、設定の文面を見るにこれで誰でもコメントできるはず…。

まぁ、あまり多くの人が見てる訳ではないから、そうそうコメントなんて付かないだろうけど。

しかしせっかくやっているのであれば少しでも多くの人に見てもらいたいという気持ちはある。

コメントも付けばそれが肯定意見であれ反対意見であれこういった考え方もあるのだと、自分の中にはなかった解釈があることもある。

今まではブログだとかTwitterだとかであえて狙って反響を呼ぶようないわゆる炎上商法をする意味がよくわからなかったが、少しだけわかった気がする。

狙っていなかったり単に愚痴を吐いただけで炎上したというパターンもあるだろうが。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

//炎上商法

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ブログとかだと話題のニュースについて自分の意見を書いてみる、とかだろうか。

思ったことを書くといういつも通りのスタイルでそれについて書いてる人もいるだろうけど。

思ったから書くというのは僕もそうだ。

僕の場合、故意に炎上とかそういうネタなりについて書いてアクセス数をばんばん稼いだところで本業でもないのにやる意味は薄い。

むしろそういうことを続けてたら狙ってやってるとなって読者は去っていくと思う。

まだ半年もブログやってない経験の浅い者の意見ではあるけど。

狙ってやってる人に限ってだが、炎上ネタは言ったら拡散希望の目印だと思う。

しかしそういう拡散希望みたいなのはどうも拡散する気が失せる。

押しつけがましいと言うか。

失くしもの探してますとかならするが。

だから自分から拡散希望の印をつけるのは何だか違う気がする。

少なくとも僕はそう思う。

現状Twitter以外で外に広めようとかしてないし、炎上することなどあるのかわからないが、もしそうなったとしても故意ではない。

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

//意見を言う前にすること

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

その上で少し気になったことを書こうと思う。

先日、あるブログで大学を中退して企業すると言った人に対して結構な反響があったらしい。

あまり他人のブログとかはチェックしてないのだが、Twitterのタイムラインに出てきたほどなので「あぁ何かあったね」くらいには認知してる人も多いんじゃないだろうか。

軽くだが調べてみた。

そしてその当人から相談を受けていたという人のブログを発見。

その人も学生を辞め企業した人らしい。

そこでなるほどと思う言葉を見た。

「誰かに助言をするのであれば、自分はその分岐点を経験したことがあるのか?を考えるといい」

確かにそうだと思った。

でないと的外れな意見しかできないことが多いのは僕も実感している。

一つ前の記事でも書いたことだが、良い環境で育った人は酷い環境で育った人の気持ちがわからない。

その逆も然りだ。

だから、酷い環境で育った人がそうでない人に相談をしようものなら、「何でそこで〇〇しなかったの?」と当然の如く的外れな質問をしたりする。

過酷な環境で育った場合精神的な成長が遅くなる人が多い、とういのが僕の中で前提としてある。

必ずしもそうとは言わないが、主に親、そして周りの人にまともなコミュニケーションを取れる人が少ないと、それが当たり前となり、そうでない人との関係を築くのが難しくなる。

その結果交友関係が狭くなる。

人は他人と触れ合うことで色んな考え、物の見方に触れ、それを吸収、栄養源として精神的な成長をするものだと思っている。

だから、交友関係が狭いと精神的な成長も遅れるのである。

少し長くなったが、それ故成長が速い、もしくは一般的な人ならその歳にはできていたことも、成長が遅い人にとってはできないことも多いのである。

ましてや精神がボロボロな人に過酷な環境に立ち向かえというのは無理難題である。

精神ではなく肉体で例えるなら、既に体中に軽重含め損傷している箇所があり、場合によっては欠損等もあり得る。

その状態で戦うなど無理だ。

僕はこう考える。

 

確かに僕も経験したことがないにも関わらずアドバイスなどをしたくなることはある。

自分ならこうすると。

しかし、経験がない分その状況のシミュレートができないのだ。

シミュレートしても楽観的に考えがちだ。

何故かと言うと、そもそもアドバイスする側にされる側にとっての前提が頭にないことが多い。

これは経験がないのだから仕方がない。

だからこの言葉、「誰かに助言をするのであれば、自分はその分岐点を経験したことがあるのか?を考えるといい」という言葉は、大事にしておくといいんじゃないかと考える。

でないと、自分にとってはしっかりしたアドバイスだと思っていても、相手にとっては「全然求めていた答えと違う」となってしまう。

かといって何も言わないのは相手に悪い。

もし経験をしたことがない分岐点に対する相談を受けたのならば、「経験していないこと」を前置きした上で少し考えてから意見を述べるようにしよう。