僕の観察日記

僕が感じたことを書いていき、自分のことを観察、記録するブログ

ゲームエンジン

 今日初めてゲームエンジンを触った。何かというとUnityである。参加したいインターンシップで使用するらしく、先にどんなものか軽くでも触っておこうという目的で触ってみた。感想としては、簡単にゲームが作れてしまうのは本当だったと実感した。

 市販のゲームなどで当たり前のように実装されていること、例えば影なんかがそうなのだが、今自分が学校でやっているDirectXプログラミングではHLSLによるシャドウマップを自分で実装しなくてはいけない。本来ゲーム画面を映しているカメラとは別にカメラを用意し、ライトのある位置にそのカメラを配置して…などということをしなくてはいけない。一方Unity。参考書を友人に借りてそれを見つつ触っているのだが、ステージとライトを用意した時点で何かもう影がある。この差である。キャラクターの動きなどもプログラムしなくてはいけないし、もちろん障害物との判定もしなくてはいけないが、その判定も簡単にできる。

 DirectXなら自分でやらないといけない部分をしれっと当たり前のようにやっていたり、同じように意識的にしないといけないとしても凄く簡単にできる。色んな人がゲームを作れるようにと作られただけあって本当に簡単だ。もちろんその分できることに限りがあったりとデメリットもあるが、それを補って余りあるくらいのメリットがある。

 今回は始めに書いたように軽く触ってどんなものか知ることが目的なので、とりあえずは参考書を一通りやってみようと思っている。もし時間を作ることができればUE4の方も触ってみたい。こちらはブループリントとやらが楽しそうだ。それにエンジンのソースを全て見れるそうな。UnityでC#やJavaScでやるところをC++で出来るのもいい。エンジンのソースを見れるだけでも勉強になるだろうし、年内には入れてみようか。