僕の観察日記

僕が感じたことを書いていき、自分のことを観察、記録するブログ

完全食COMPを試してみた感想

久しぶりに書く。

前回の記事が5月だったので4カ月ぶりになる。

 

今回は完全食COMPの話になる。約1月試してみたので、その感想だ。

まず完全食COMPとは何かと言うと、これだけを摂取していれば生きるための栄養もカロリーも問題ないというものだ。日々の食事を考えるのがめんどくさい。もっと手間を省きたい。かと言ってコンビニ飯ばかりでは栄養が偏る。もっと趣味に時間を費やしたい。そんな人のために作られたのがCOMPだ。

自分もこれらに当てはまっていたので、一度試してみようとなった。8月末にCOMPを頼み、9月の初めに届いた。今回はとりあえずか1月間試そうと思い、朝と晩はCOMPパウダー、昼はCOMPグミという前提で1月分購入した。

COMPには現在3種類あり、パウダー、グミ、ドリンクがある。パウダーは粉末を水に溶かしてからシェイカーで混ぜて飲む。グミはそのまま食べる。ドリンクはそのまま飲む。それぞれ値段も違い、メリットデメリットがある。パウダーは必ず水でないといけない訳ではなく、コーヒーやジュースに溶かしてもいいらしい。なので味のバリエーションが無限大と言ってもいい。ちなみに水に混ぜた際の味は少し甘い豆乳のような味だ。グミはそのまま食べるのだが、味はフルーツミックス味だ。ドリンクはそのまま飲み、パウダーと同じく豆乳味らしい。ドリンクは高くて頼んでいないので、まだ実際に飲んだことはないため味の確認はしていない。

少し話がそれたが、COMPが届いてからしばらく摂取してみた感想を書こうと思う。

 

結論から言うと、パウダーは全然いける。が、グミは正直きつい。パウダーは水に溶かして混ぜるが、そんなに手間もかからないし味も問題ない。飽きたら水以外と混ぜていいものがないか探せばいいし、探すのもまた楽しみ方の1つだと思う。グミは味はいいのだが、同じものをひたすら噛み続けるのが苦痛になった。カロリー的には1食2袋摂取するのがいいらしいのだが、1袋でも結構きつい。

 

なのでパウダーは引き続き摂取したいと思うが、グミは止めようと思う。

しかしパウダーを摂取してて問題点が1つ出てきた。お腹が緩くなるのだ。COMPの袋に注意書きとして書いてあるが、体質によっては緩くなるそうだ。対処法としては、「ゆっくり、少しずつ、温めて」飲むと改善されることがあるらしい。されることがある、なので必ずしもなくなる訳ではない。今後はお湯を混ぜてゆっくり摂取してみて調子を見ようと思う。

 

またCOMPそのものとは別の問題がある。普通に今まで食べてきたような食事が食べたくなることだ。COMPに早々に飽きたとかではなく、単純に食べたくなる。

食欲というよりかは、食べることへの楽しみの部分の欲求なんだろう。

 

翌月からは朝晩はお湯に溶かしたCOMPパウダー、昼は会社に食堂があるので社内食堂。というスタイルにしようと思う。

ちなみに1月COMPのみの前提で購入した際の金額だが、約65000円となった。朝晩はCOMPパウダー、昼はグミというメニューの場合だ。またCOMPは年齢や性別で1食に必要な量が変わるのだが、この値段は自分と同じ20代男性で運動量が少なめの場合になる。

自分に必要な1食分のCOMPの量は公式サイトで簡易的な計算ができるようになっているので、そこで実際に試すと具体的な数値が出る。

 

まだ約1月しか試してないが、食事が面倒、趣味の時間が欲しい、と思っている人は一度試してみるのも悪くないと思う。